日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
Nestle Ltd.(ネスレ)(2017年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2016年12月期決算の総括
2016年12月期の連結決算は、引き続き厳しい環境の中、売上高895億スイスフラン(7兆7,838億円、前年比3.2%増)、営業利益137億スイスフラン(約1兆1,912億円、同2.3%増)の増収増益であった。オーガニックグロースは3.2%(為替の要因を除いた実質ベースでは2.4%増、営業利益は30ベーシズポイント改善)となった。地域別の売上では、南北アメリカで4.2%、ヨーロッパで2.0%、アジアで3.2%の成長を果たした。分野別でみると、Nestle Watersが良好なオーガニックグロースの勢いを維持し、 Nestle Nutritionもデフレ圧力がある中で成長を実現した。日本では、「ネスカフェ」と「キットカット」全般でのイノベーションとプレミアム化が奏功し、ゾーン・グループ全体双方の平均を上回る成長を果たした。ネスカフェは、2000年頃より、世界最大の食品飲料企業から、栄養、健康、ウエルネス企業へと企業セグメントを移行させつつある。栄養や機能に焦点をあてた製品だけでなく、すべての製品を 「グッドフード、グッドライフ」を提供するものとして位置付け事業展開を図っている。2017年は、将来的な利益率向上のため、組織再編費用の増大を見込んでいるが、結果としてオーガニックグロースは2%から4%、実質ベースの営業利益率は現状維持となると予想される。引き続き、将来の成長と事業運営の効率化に投資し、2020年までには1桁半ばのオーガニックグロースと大幅な構造コスト削減を目指していく。

【最新版 2017.08.10 更新】
Nestle Ltd.
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年
- -
戦略200+・企業活動分析「Nestle Ltd.」
戦略200+・企業活動分析

競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.