日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
アサヒグループホールディングス株式会社(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年12月期決算の総括
アサヒグループホールディングスの2017年12月期連結決算は売上高2兆849億円(前年同期比22.1%増)、営業利益1,832億円(同33.8%増)と増収増益であった。国内の酒類・飲料・食品事業の収益性向上に加えて、中東欧のビール事業も加わった国際事業が好調に推移したことにより、計画を上回る増収増益を果たすことができた。事業別には、酒類事業では、最盛期の天候不順の影響などにより厳しい市場環境となったが、広告販促費などの効率化を図りながら、新ジャンルのシェアを拡大するなど、ブランド力とコスト競争力を同時に高めたことにより収益力を強化した。飲料・食品事業については、引き続き主力ブランドへの集中や統合シナジーの拡大を中心として利益率の向上を図り、「中期経営方針」で掲げる「稼ぐ力」を着実に高めた。また海外では、3月に取得した中東欧のビール事業を含め、欧州事業が好調なスタートを切っており、オセアニア事業と合わせて、国際事業の成長エンジン化が着実に進んでいる。更に、欧州での成長基盤を拡大する一方で、中国の持分法適用会社を譲渡するなど、事業の「選択と集中」を推進したことにより、事業ポートフォリオの再構築に一定の目処をつけることができた。2018年度は「中期経営方針」に基づいて、国内では高付加価値化を軸としたブランド価値の向上などにより収益基盤の更なる盤石化に取り組み、海外では欧州事業を核に国際事業の成長エンジン化を加速する。さらに、企業価値向上経営の深化を目指した経営改革にスピードを上げ て取り組んでいく。

【最新版 2018.7.19 更新】
アサヒグループHD
企業活動分析 更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年
戦略200+・企業活動分析「アサヒグループホールディングス」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>日焼け止め 安定感のビオレ、追うアネッサ、ニベア
消費者調査データ
日焼け止め 安定感のビオレ、追うアネッサ、ニベア

男性や若年層など裾野が広がり、拡大を続ける日焼け止め市場。今回の調査では、7項目中5項目で「ビオレUV 日焼け止め」が首位を獲得した。2位グループでは「アネッサ 日焼け止め」「ニベアサン 日焼け止め」が接戦を繰り広げており、これら3ブランドが上位を固めている。

消費者調査データ<br>スポーツドリンク・熱中症対策飲料<br>アクエリアス、ポカリスエット、強い定番、追うグリーンダカラ
消費者調査データ
スポーツドリンク・熱中症対策飲料
アクエリアス、ポカリスエット、強い定番、追うグリーンダカラ

スポーツドリンクの市場はダウントレンドが続いているが、記録的な猛暑だった今年の7月に続き、8月も連日の猛暑となったことから、スポーツドリンクをはじめとした飲料市場は活況を呈している。今回の調査では、7項目中6項目でアクエリアスが首位、僅差もしくは小差で「ポカリスエット(大塚製薬)」追う展開となった。無糖茶飲料やミネラルウォーター類とも厳しい競争が予想されるものの、市場の拡大や、新しいヒット商品の誕生が期待される。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>ブームは一過性?話題性で飲まれる透明飲料
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
ブームは一過性?話題性で飲まれる透明飲料

「い・ろ・は・す」などのフレーバーウォーターにとどまらず、透明なコーラや透明なラテなど新商品が次々登場している透明飲料。確立途上のカテゴリではあるが、今回の調査では「コカ・コーラ クリア」などがブランドの知名度で高い再飲意向を獲得した。また、性別や職種などの属性別、清涼飲料への意識別でも飲用率に差が見られた。果たして透明飲料は今後定着するのか。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.