日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
アステラス製薬株式会社(2016年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2016年3月期決算の総括
2016年3月期の連結決算は、売上高1兆3,727億円(前年比10.1%増)、営業利益2,490億円(同34.1%増)と増収増益となった。増収の要因は、前立腺がん治療剤XTANDI/イクスタンジ、最主力製品ベシケアとベタニス/ミラベトリック/ベットミガを合わせた過活動膀胱治療剤の売上拡大と免疫抑制剤プログラフなどの売上増加によるものである。地域別(現地通貨ベース)でも、米州、EMEA(欧州、中東及びアフリカ)、アジア・オセアニアで2桁成長を継続した。一方、増益の要因は、売上原価率が低下したことが大きい要因である。同社では、2015年度から2017年度にかけての3カ年経営計画を策定し、「製品価値の最大化」、「イノベーションの創出」、「Operational Excellenceの追求」の三つの戦略を掲げている。中長期にわたる継続的な成長を盤石なものにしていくのが狙いで、ROE15%以上を目指す。2016年度は連結売上高1兆3,500億円、営業利益2,700億円を見込んでいる。

【最新版 2017.03.09 更新】
アステラス製薬
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年
-
戦略200+・企業活動分析「アステラス製薬」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.