日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

戦略200+・企業活動分析
エルピーダメモリ株式会社(2006年)
2006年3月期決算の総括
2006年3月期の業績は、増収こそ果たしたが、大幅な営業減益となり、31億円の経常損失に転じた。携帯電話をはじめとするデジタル家電市場の拡大によりDRAMの需要が大きく増加したが、PCやサーバ向けのDRAMが大幅な価格低下に見舞われ、収益性が低下した。NECと日立のDRAM事業を母体に国内唯一のDRAM専業メーカーとして創業された同社だが、まだ独自の「ビジネスモデル」の構築には至ったおらず、市況の変動に左右される状況が続いている。

【最新版 97kb・2006.10.31 新規】
エルピーダメモリ
企業活動分析
更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年
戦略200+・企業活動分析「エルピーダメモリ」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


エルピーダメモリに関するお奨めコンテンツ

競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.