日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
LGエレクトロニクス(2016年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2015年12月期決算の総括
LGエレクトロニクスの2015年度の連結決算は売上高56兆5,090億ウォン(前年比4.3%減)、営業利益1兆1,923億ウォン(同34.8%減)と減収減益となり、純利益も2,491億ウォン(同50.3%減)と前年にくらべて半減した。事業別にみると、テレビを中心とするホームエンターテインメント部門は、海外事業の採算が悪化したことで売上高が17兆3,904億ウォン(同10.2%減)、営業利益は573億ウォン(同比88.8%減)と大幅減となった。前年は大幅な増収増益であったモバイルコミュニケーション部門も、中国勢とのスマートフォンの競争激化により、売上高14兆3,993億ウォン(同4.6%減)、営業損益438億円と赤字に転落した。ホームアプライアンス&エアソリューション部門は、売上高16兆5,275億ウォン(同1.4%減)、営業利益9,817億ウォン(同57.0%増)と、売上減ながらも増益となった。2016年1月からは1人CEO体制から各事業を担当する事業本部長自らが責任経営をとる体制に変更、グループ持株会社として新成長事業推進団を作り、既存事業強化とともに、新成長動力の発掘に注力する。

【最新版 331kb・2016.07.21 更新】
LGエレクトロニクス
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年
戦略200+・企業活動分析「LGエレクトロニクス」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.