日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
ソフトバンクグループ株式会社(2016年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2016年3月期決算の総括
2016年3月期の連結決算は、売上高9兆1,535億円(前期比7.6%増)、営業利益が9,995億円(同8.8%増)の増収増益となった。国内通信事業において2015年3月に開始した光回線サービス「Softbank光」が好調であったことや、ヤフー事業のディスプレイ広告が好調であったことが、全体の増収増益に貢献した。2013年に買収し、業績の回復を求められていた米国携帯大手のスプリントは、円安の影響もあり売上高3兆8,716億円(同1.9%増)、営業利益615億円(同8.0%減)と営業利益こそ落ち込んだものの、米国で主流のポストペイド型電子マネーへの集中、解約率の改善により、利益率が改善し回復基調に入った。今期以降、通信事業において他社との差別化がより困難になることが予想される中、ソフトバンクグループはIoTやVRなど新たな技術に対する大規模な投資を進めている。中でも優れたIoT技術をもつ英国半導体大手ARM社の3兆3,000億円の大規模な買収は、今後のソフトバンクグループの明暗を分けるカギとなる。

【最新版 2017.05.11 更新】
ソフトバンク
グループ
企業活動分析
更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
- - - - - - - -
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年
- - - - -
戦略200+・企業活動分析「ソフトバンクグループ」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。

競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.