日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

戦略200+・企業活動分析
株式会社エーエム・ピーエム・ジャパン(2005年)
2004年3月期決算の総括
エーエム・ピーエムは、本業である通常店販売では、ATMの設置や保存料不要の商品はすでに競争優位であるとはいえない状況である。しかし、昨年オープンした丸の内ビジネスサポートセンター「Oasis-In」に続き、ダイニングカフェ「ap style」、新宿にオープンした「aquaporta(アクアポータ)」などの新業態店の出店や、23区限定の「アーバンナイトカーゴ」などの新サービスなど、認知度は絶大である都心部顧客のニーズへの対応を強化している。2004年4月より、金融サービス充実化の新展開に加え、電子マネー「Edy」や非接触式ICのFeliCa内蔵携帯電話での決済サービスなど、次世代の顧客ニーズをいかに先取りできるかが鍵となる。

【最新版 232kb・2004.03.23 更新】
エーエム・ピーエム・ジャパン
企業活動分析
更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年
- -


 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.