日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
ロイヤルホールディングス株式会社(2017年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2016年12月期決算の総括
ロイヤルホールディングスの2016年12月期の連結決算は、売上高1,330億円(前年比2.1%増)、営業利益52億円(同6.6%増)と5期連続の増収、8期連続の増益であった。中期経営計画「Fly to 2017」の2年目にあたる当連結会計年度では、グループ内の各事業においてそれぞれの強みと事業環境を踏まえ、「付加価値向上」「新規事業創設」「効率性向上」が行われた。セグメント別にみると、外食事業では新規出店による増収があったものの、既存店の減収と人件費率の上昇により、減収減益となった。なお、天丼「てんや」は、国内外あわせて200店舗に到達している。またコントラクト事業では、高速道路店舗や百貨店内レストランでは減収となったものの、前期より営業を受託した拠点による増収に加え、空港ターミナルビル店舗や事業所内給食等で売上が堅調に推移したことにより、増収増益となった。そのほか機内食事業では減収増益、ホテル事業では大幅な増収増益、食品事業では減収減益という結果となっている。次年度も引き続き、中期経営計画「Fly to 2017」を実施し、ホスピタリティビジネスの産業化を目指す。2017年度の業績予想は売上高1,335億円、経常利益56億円となっている。

【最新版 2017.09.07 更新】
ロイヤルホールディングス
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年
- -
戦略200+・企業活動分析「ロイヤルホールディングス」
戦略200+・企業活動分析

ロイヤルホールディングスに関するお奨めコンテンツ

競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.