日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
ワタミ株式会社(2017年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年3月期決算の総括
ワタミの2017年度3月期連結決算は、売上高1,003億円(前年度比21.8%減)、営業利益1.8億円(前年度は2.9億円の営業損失)、経常利益7.2億円(同11.3億円の経常損失)となり、3期ぶりの黒字化を果たした。しかし、減損損失の計上により、当期純損失は18.3億円(同78.1億円の利益)となった。セグメント別にみると、国内外食事業では7店舗の新規出店を行う一方で、17店舗の撤退を行い、16年度末の店舗数は479店舗となった。黒字化は達成できなかったものの、業態転換等による売上獲得施策と収益改善施策を実施し、赤字幅は減少、国内外食事業の売上高は、479億円(前年比0.8%減)、セグメント損失2.2億円(前期は15.4億円の損失)となった。宅食事業では、商品製造拠点における生産性向上の取り組みが功を奏し、前年比4.4%減の減収ながら増益となった。海外外食事業では、7店舗の新規出店を行う一方で18店舗の撤退を行い、年度末の店舗数は86店舗となった。不採算店舗の撤退を進めているが、上海エリアでの売上高減少の影響が大きく、いまだ収益改善の途上といえる。海外外食事業としては、売上高は128億円(前年比18.8%減)、セグメント損失0.5億円(前期は2.6億円の損失)となった。次年度は、連結営業損益および経常損益、当期純損益すべての区分利益の黒字化を計画、各事業セグメントでも営業損益の黒字化を計画しており、売上960億円、営業利益5.0億円、経常利益7.5億円を目指す。

【最新版 2017.10.03 更新】
ワタミ
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年
- -
戦略200+・企業活動分析「ワタミ」
戦略200+・企業活動分析

競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.