日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
積水ハウス株式会社(2017年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年1月期決算の総括
積水ハウスの2017年1月期連結決算は売上高2兆269億円(同9.0%増)、営業利益1,842億円(同23.1%増)と、中期経営計画の経営目標を上回る業績となり、売上高は初の2兆円達成、営業利益は4期連続で過去最高を更新した。セグメント別では、戸建住宅事業では、省エネと創エネで「住まい心地向上」と「エネルギー収支ゼロ」を目指すネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)「グリーンファースト ゼロ」の販売を推進し、都市部では多世帯同居等のニーズに応える3・4階建て住宅の販売に注力した。結果として、売上高は3,831億円(前期比2.7%減)、営業利益は495億円(同4.9%増)と、減収増益となった。一方、賃貸住宅事業では3・4階建て賃貸住宅の拡販に努めたほか、グループ力を活用したエリアマーケティングで魅力的な賃貸住宅提案を行ったことにより、売上高4,403億円(前期比9.9%増)、営業利益608億円(前期比17.2%増)と、大幅な増収増益を達成した。国際事業も売上が倍増、北米・豪州事業は好調に推移し、中国事業も黒字転換する等、過去最高の収益を計上した。次年度は新たな第4次中期経営計画のもと、「BEYOND 2020に向けた"住"関連ビジネスの基盤づくり」に取り組み、2019年度目標の売上高2兆3,830億円、営業利益2,300億円を目指していく。

【最新版 2017.12.07 更新】
積水ハウス
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年
-
戦略200+・企業活動分析「積水ハウス」
戦略200+・企業活動分析




競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.