日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
住友不動産株式会社(2017年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年3月期決算の総括
住友不動産の2017年3月期の連結決算は、売上高9,252億円(前年同期比8.2%増)、営業利益1,882億円(同8.0%増)、経常利益1,677億円(同13.0%増)と、5期連続の増収、7期連続の営業・経常増益を達成するとともに、売上高・営業利益・経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益のすべてにおいて4期連続で過去最高業績を更新した。セグメント別にみると、不動産賃貸事業部門では、既存ビルの空室率改善と賃料上昇効果に加え、前期に竣工した「東京日本橋タワー」「住友不動産三田ビル」「住友不動産新宿ガーデンタワー」などの通期稼働による業績が寄与したことにより、営業収益・営業利益はともに2期連続で過去最高を更新した。不動産販売事業部門では、前期に竣工した「ドゥ・トゥール キャナル&スパ(晴海)」「シティタワー金町」などの引渡しが順調に進捗したことに加え、「シティテラス平井」などの引渡しが開始され、マンション・戸建・宅地の合計で5,716戸(前期比+720戸)を販売計上した。このような販売戸数の大幅増加により、5期連続で増収増益を達成し、営業収益・営業利益は3期連続で過去最高を更新した。完成工事事業部門では、計上棟数の増加により増収は確保したが、「新築そっくりさん」事業の平均受注額の低下や、マンションリフォーム部門などの事業拡大に伴う費用増を賄えず、営業減益となった。2017年3月期は、第七次中期経営計画(2016~2018年度)の初年度であったが、東京のオフィスビルを中心とした賃貸事業が業績を大きく牽引し、売上・利益ともに3ヵ年累計目標の約3分の1を達成することができた。2年目となる2018年3月期も、不動産賃貸事業を業績の牽引役として、5期連続の最高業績更新に向け邁進していく。

【最新版 2018.02.01 更新】
住友不動産
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年
-
戦略200+・企業活動分析「住友不動産」
戦略200+・企業活動分析




競合他社の業績と比較分析する

マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.