日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
株式会社エイチ・アイ・エス(2015年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2014年10月期決算の総括
株式会社エイチ・アイ・エスの2014年10月期の連結決算は、売上高5,232億円(前期比9.1%増)、営業利益159億円(同34.3%増)、経常利益190億円(同25.1%増)と増収増益となった。景気改善による個人消費の持ち直しやシニア世代における旅行意欲の高まりなどプラス要因があったものの、海外旅行需要においては急激な為替変動などが大きく影響し、前期水準を回復するには至らなかった。しかし国内旅行需要においては、LCCの浸透・路線拡充、沖縄市場の拡大や富士山の世界文化遺産登録などを背景に順調に推移。市場環境に応じて、「シニア割」等のサービスも積極的に展開した。また、ハウステンボスのアトラクションやイベントをスケールアップしたことで、テーマパーク事業が大幅な増益を達成。今後も強みである幅広い海外ネットワークを駆使し、日本人の受け入れが主だった海外拠点を、現地の顧客に旅立ってもらうアウトバウンド拠点に転換していくことで、業績の好調を後押ししていく。

【最新版 284kb・2015.07.31 新規】
エイチ・アイ・エス
企業活動分析
更新状況
15年
戦略200+・企業活動分析「エイチ・アイ・エス」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。

競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.