日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
株式会社 西武ホールディングス(2017年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年3月期決算の総括
西武ホールディングスの2017年3月期の連結決算は、売上高5,120億円(前年同期比0.8%増)、営業利益625億円(同5.3%減)、当期純利益476億円(同16.9%減)となった。セグメント別でみると、都市交通・沿線事業では、台風被害による鉄道一部運休の影響があったものの、雇用情勢の堅調な推移や沿線での積極的なイベント活動、プロモーション強化などにより、旅客輸送人数・旅客運輸収入は増加した。しかし営業収益は、共通カード未使用分受入額の反動減や、沿線レジャー業で一部事業所の営業休止及び夏季プール営業の不振などにより減収となった。営業利益は、電気動力費や燃料費が減少したことにより増加した。ホテル・レジャー事業では、東京プリンスホテル及びグランドプリンスホテル高輪の耐震補強工事による営業休止があったものの、既存ホテルのRevPARの上昇に加え、ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町の開業などもともない、増収となった。また、営業利益はザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町の開業に伴う経費計上などにより、減益となった。2017年度には、「事業計画」から名称を変更した「中期経営計画(2017~2019年度)」を策定し、事業面のみならず経営全般から持続的かつ力強い成長に向けてアプローチしていく。2018年3月期は、売上高5,420億円、営業利益632億円、当期純利益408億円を見込んでいる。

【最新版 2018.02.15 更新】
西武ホールディングス
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年
- -
戦略200+・企業活動分析「西武ホールディングス」
戦略200+・企業活動分析




競合他社の業績と比較分析する

マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.