日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2001.11)
スターバックス コーヒー ジャパン
-都心小商圏への集中出店による日本攻略
戦略分析チーム



 コーヒーショップチェーンの競争が激しさを増している。
 96年のスターバックスを皮切りに、97年のタリーズコーヒー、98年のセガフレードザネッティ、99年のシアトルズベストなど外資系コーヒーショップの日本市場参入が相次いでいる。日本企業もそれに対抗し、新業態の展開を進めている。

 このケースでは当社モニター調査結果をまじえ、スターバックスの急成長の要因やその出店戦略についてみる。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.