日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2008.07)
ソニーの新たな3ヶ年中期経営方針
七つの1兆円事業創出で業界リーダー復権へ



 ソニーは2008年6月26日、2008年度から10年度までの3ヶ年の中期経営方針を発表した。05年に掲げた3ヶ年中期経営方針に続く新たな方針の狙いは「営業利益率5%」への回復である。同社ではこの数字目標を「業界をリードし、イノベーションを続ける上での資金を生み出すための収益性のベースライン」と位置づけている。
 07年度の営業利益率は4.2%。最後に5%を達成したのは1998年度であるため、最近10期は5%未満の低収益で推移していることになる。国内家電業界でのリーダーを競う立場にある松下電器産業は06年度5.0%、07年度5.7%と一足早く5%台をクリアしているだけに、早期の必達目標ともいえる。
 新中期経営方針は、05年に誕生した「ハワード・ストリンガー会長兼最高経営責任者(CEO)-中鉢良治社長」体制の真価が問われる3年間になる。前中期経営方針ではメインテーマに「エレクトロニクス事業復活を軸に経営体質強化」を最優先課題に掲げ、「機構改革」と「(収益)構造改革」を推進してきた。プラズマテレビや娯楽ロボット「AIBO(アイボ)」など計15事業から撤退し、製造拠点の統廃合を進め、グループ従業員を1万人削減した。このリストラ期においても「連結売上高8兆円以上」とともに「営業利益率5%」が目標に掲げられたが、売上高こそ達成したものの、利益率は未達であった。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.