日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.07)
伸びるローカル流通
第2部 4期連続増収チェーンの戦略の実際
2-1.顧客要望を基点に、個店裁量で仕入れ
流通研究チーム



 これまでの組織小売業の定石のひとつに、本部主導による大量仕入れがある。ナショナルブランドの単品を大量に仕入れることにより、ボリュームディスカウントが可能になり、これを通じて低価格販売のための原資を得る。しかし、4期連続増収チェーンでは、全く反対の「個店裁量による、地域性豊かな品揃え」が展開されている。今回は、フレスコキクチ(福島県)とハローデイ(福岡県)を事例として紹介する。そこには、企業都合ではなく、「お客様の要望を売り場に実現する」という仕入れの原点ともいえる取り組みが行われている。


本稿には当社代表・松田久一、並びに流通研究チームのメンバーによる議論・検討の成果が活かされております。あり得べき誤りは筆者の責に帰します。


 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。






シリーズ 伸びるローカル流通


会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.