日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.08)
ネクスト戦略ワークショップ「消費拡大層を取り込むミドルシフトのマーケティング」成功事例4.
はきやすい靴で中高年に支持される
アシックスウォーキング
ビジネスディベロップメントマネジャー 大澤 博一

本コンテンツは、2013年6月13日に行われた当社イベント、第3回ネクスト戦略ワークショップ「消費拡大層を取り込むミドルシフトのマーケティング」のプログラム「マーケティング成功事例分析」講演録と、同日使用したプレゼンテーションをもとに構成したものです。


 ミドルシフトのマーケティングによって成功した事例の四つめは、最近いろいろな所で注目されているアシックスです。弊社のすぐ近くに皇居がありますが、今、ランナーの聖地といわれています。そこですごく流行っているのが、ランニングです。そのブームにうまく乗って成功しているのが、アシックスです。2週間ぐらい前に『カンブリア宮殿』(テレビ東京系・毎週木曜日よる10時)で特集されていました(2013年5月30日放送)。まさに今急成長している企業です。

 アシックスの背景についてご案内します。2001年の売上は1,289億円でした。それが、2012年2,600億円です。この11年で2倍にまで拡大しています。この間、おそらくこんなに成長した企業はあまりないでしょう。なぜそうなったのか。ひとつは、ランニングシューズです。国内だけの売上でいうと、ちょうど遡ってデータを確認できた2004年時点では、国内のランニングシューズ売上は300億円です。それが2012年には529億円ということで、200億円ぐらい一気に拡大しています。本当に急成長した会社です。

図表1.シューズの再強化でV字回復


 余談ですが、アシックスの海外売上比率は70パーセントです。国内よりも海外で売れています。アンケート結果でみていくと、アメリカ人や外国人は、アシックスはアメリカの会社だと思っている人が多いらしいです。
 では、なぜ急成長したかというと、最初は、もともとアシックスは靴をベースにしている会社でしたが、途中から総合スポーツ企業を目指していこうということで、野球のグローブなど、いろいろなことをやっていました。コンセプトとしては、「スポーツ、健康、快適ライフを創造する」ということで、そこで世界ナンバーワン企業になっていくということです。ですので、競合相手は、ナイキやアディダスを競合相手だというふうに位置づけました。そうしてコアであったシューズというところから、総合化していこうということで、「脱シューズ」を進めてきました。しかも、スポーツウエアなどアパレルも強化していったのが、2009年ごろまでです。
 こうして総合化によって売上を伸ばしていたアシックスですが、実はこの2009年に大きな転機がありました。売上が初めて減少しました。その時には既に、現在の尾山基(おやま・もとい)社長が2008年に就任しているのですが、そこで方向転換します。もう一回自分たちの強みである、シューズを再強化していこうということで、すべての資源を集中させていきます。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。



会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.