日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.10)
規模拡大による低価格路線の限界を迎える家電量販店編
~ヤマダ電機、中間決算で赤字転落へ~



 ヤマダ電機は10月15日に2013年9月中間期の業績見通しについて、大幅な下方修正により営業赤字に転落すると発表した。売上高は前回予想9,300億円から8,970億円へと3.5%減少、営業利益は同136億円から24億円の営業損失となる見通しだ。これで、同社としては2013年3月期通期決算、2012年9月中間期決算、2012年3月期通期決算と半期ベースでは4回続けての業績下方修正となる。
 ヤマダ電機の発表によると、冷蔵庫や洗濯機、エアコンなど省エネ家電中心とした白物家電は好調であったが、テレビやレコーダーなど映像関連商品の不振をその理由としてあげている。これは4回の業績下方修正で一貫している。


 本コンテンツの全文は、有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
有料会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.