日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

戦略思考を鍛える
第2章 資源の集中のさせ方
 不況下において「選択と集中」という言葉がしばしば使われる。これは競争戦略からいうと、戦う領域(顧客セグメント、商圏、流通、製品)を特定して、人員、予算、設備機械、情報といった経営資源をその領域に集中させて戦うことである。しかし、フルライン戦略をとり、事業を多角化してきたかつての強者ほど困難な課題でもある。なぜ集中が必要なのか、そして集中による成功事例をとりあげながら、資源の集中について論をすすめる。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツ会員ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員、コンテンツ会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
コンテンツ会員の方は、下記をクリックして購入画面にお進みください。


会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.