日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2016.03)
月例消費レポート 2016年2月号
長引く消費の低迷-内外景気の不振と円高・株安が消費回復の足かせに
主任研究員 菅野 守



本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

1.はじめに

 2月に入り、円高・株安・低金利の流れに、一段と弾みがついた。長期金利のマイナスも、一過性の特別な事象から、日常でもよく観察されるような持続性のある事象へと、徐々に変わりつつある。内外の景況不振や地政学リスクの長期化は、相場の頭を重くしている。

 2016年1月28、29日の日本銀行政策委員会・金融政策決定会合の場で、マイナス金利の導入が決まった。その主な狙いは、金融機関が保有する日本銀行当座預金の一部にマイナス金利を適用することで、日銀内部に滞留していた金融機関の資金を、最終的には企業への融資あるいは金融資産への投資として市中へ放出させることにある(これは、ポートフォリオ・リバランシング効果と呼ばれている)。だが今のところ、マイナス金利政策によって、日銀が期待していた通りの効果が、マーケットで実現されているとは言い難い。逆に、長期金利のマイナスが一層進行した。リスクテイクに元々後ろ向きだった金融機関は、マイナス金利政策という「北風政策」によって、その身を益々縮めてしまっている。そんな金融機関の姿からは、マイナス金利のダメージを被ってでも国債を抱えている方がまし、と考えている節すら垣間見えてくる。

 政府と日銀はともに、景気の現状認識と先行き見通しに関し、緩やかな回復基調にあるとの見方を、引き続き堅持している。また、アジア新興国等の海外景気の低迷・不振に伴う景気の下押しリスクへの警戒姿勢も、両者で共通している。政府は、2016年2月25日公表の月例経済報告で、景気の基調判断と先行き判断をともに、前月に引き続き据え置きとした。個別項目のうち、海外景気については6ヶ月ぶりに判断を下方修正された。個人消費に関しては、前月と同様、「総じてみれば底堅い動きとなっている」とし、判断を据え置いている。ちなみに、2017年4月からの消費税再増税の影響は、政府と日銀ともに、一旦は考慮外の扱いとされている。当分の間は、海外景気の低迷・不振の悪影響にどう備えるかが、政府と日銀にとっての優先度の高い対応事項となりそうである。


本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

マーケティング用語集 プラットフォーマー
マーケティング用語集 プラットフォーマー

プラットフォーマーとは、市場プラットフォームを提供する企業のことを指します。市場プラットフォームについて定義すると、市場の売り手と買い手を結びつける共通の土台=機能」ということになります。市場プラットフォーム型のビジネスモデルでは「売り手が増えれば買い手が増え、買い手が増えれば売り手が増える」という相互作用(間接的ネットワーク外部性)が生まれます。

消費者調査データ<br>エナジードリンク<br>3強ブランドが上位独占
消費者調査データ
エナジードリンク
3強ブランドが上位独占

エナジードリンクの市場はここ2年間で伸び率はやや落ち着いたものの、成長を続けている。今回の調査でも、「リアルゴールド」「レッドブル」「モンスターエナジー」が上位を独占。これらブランドの3ヶ月以内購入率は5%前後とユーザー層は限定的だが、市場には新規参入も相次いでいる。少ないパイを奪い合う今後の市場動向から目が離せない。

戦略ケース<br>アパレル業界のD2Cを牽引<br>オンワード樫山「KASHIYAMA the Smart Tailor」
戦略ケース
アパレル業界のD2Cを牽引
オンワード樫山「KASHIYAMA the Smart Tailor」

アパレル業界のEC化が進む中、オーダースーツを最新技術と融合させてヒットしている「KASHIYAMA the Smart Tailor」。敷居が高いイメージがあるが、同ブランドは「3万円~、1週間で届く」が武器だ。加えてEC化への対応、顧客満足度を高める仕組みづくりなどに注力した結果、若いスマホ世代の取り込みに成功。市場の課題である顧客の若返りにも寄与している。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.