日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


消費社会白書2017
中流生活の成熟と再生



毎年発刊しご好評いただいている「消費社会白書」の2017年版が、ダウンロードコンテンツとしてご利用いただけるようになりました。マーケティング戦略を構築するためのエッセンスを満載してお届けしております。ダウンロードは毎月1章ずつ順次公開中。

本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

>>「消費社会白書2017」の詳細、書籍版購入はこちら

プレミアム会員向けダウンロード



第1章 中流価値からの転換

社会の大勢を占める「地域密着」の価値観は長期低下傾向にあるが、「現在享楽」は長期上昇傾向、「自己実現」は短期的に上昇している。中流意識の上下分解も進みつつある。「中流生活」の諸条件は実体のない幻想にすぎず、そうした「中流幻想」自体も、生活者にとって実現性のないものとなっている。
>>プレミアム会員向け PDFダウンロード

第2章 目的的貯蓄意識の高まりによる消費意欲の低迷

消費は一進一退を経て、低迷している。支出意欲も変化の方向が定まらない。消費を取り巻く諸要因は、強弱相半ばしている。消費低迷の原因として、漠然とした将来不安ではなく、明確な貯蓄目的が、支出抑制効果をもたらしている。
>>プレミアム会員向け PDFダウンロード

第3章 脱中流を志向する消費リーダー

趣味的消費が退潮し、「モノ消費」が成熟している。これは長期的変化の可能性が高い。中流意識の上下分解の進行は、支出意欲の格差をより一層拡げていく。消費リーダーは、旅行・レジャーやサービスなどへの支出は旺盛であるが、耐久財の保有欲求は低い。
>>プレミアム会員向け PDFダウンロード

第4章 生きがいを求める「新めいめい食」

食の意識では「充実食」が大勢であり、食への期待は高い。食事の風景をみてみると「ひとりメシ」が最大。「ファミレス食」、「ハレ食」、「サラダ食」や、「汁なし食」といった新しい組み合わせが食卓に登場し、従来型の「一汁三菜食」は少数派になっている。
>>プレミアム会員向け PDFダウンロード

第5章 性差の縮小によって高度化するH&BC市場

「からだ」だけでなく「こころ」の健康も大切だという意識が高まり、そのバランスが重要視されている。H&BC(健康・美容)市場をリードするのは従来、女性であると思われてきたが、男性にもその動きは広がっている。
>>プレミアム会員向け PDFダウンロード

第6章 都心志向と高層型のライフスタイル

人々の住み替え意向は、地方の市町村から大都市へと向かっている。特に東京では都心高層マンション居住層が今後も拡大していく。高層マンション居住層はサービス領域を中心とした旺盛な消費意欲と利用可能なチャネルの重畳性も相まって、新しい高層ライフスタイルを形成しつつある。
>>プレミアム会員向け PDFダウンロード

第7章 変容するエレクトロニクス期待
-「生活の豊かさ」から「脳の快楽」へ

必要な機能はスマートフォンに集約され、エレクトロニクスのモノ的意味は希薄になった。エレクトロニクスは、「自己実現」や「張合消費」を求める「脳の快楽」のための道具として、次なる発展を迎える。
>>プレミアム会員向け PDFダウンロード

第8章 高まる資産運用意識

家計のリスク資産残高は大きく伸び、リスク資産保有率も高まってきた。リスク資産運用への取り組み意欲は、男性シニア層や高資産層から、男性のミドルや中資産層へと広がりつつある。資産取引重視とネット取引重視の2グループは、将来への強気の見通しを背景に、リスク資産運用を積極化させていくと期待される。
(11月公開予定)

おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>缶詰<br>水産缶詰人気。まぐろ缶詰、さば缶詰が上位独占
消費者調査データ
缶詰
水産缶詰人気。まぐろ缶詰、さば缶詰が上位独占

缶詰市場はダウントレンドにあるが、サバやイワシなどの水産缶詰は伸長している。中でも今年はイワシ缶が急拡大し、注目を集めている。今回のランキングでは、マグロ缶が全項目で首位を獲得、続くサバ缶も全項目で2位となった。サバ缶は健康志向や価格が安定していることなどから人気に火がつき、前年同期比で約5割シェアを伸ばしている。今後もサバやイワシといった青魚の缶詰を中心に、市場の活性化が期待される。

MNEXT 眼のつけどころ<br>世界情報寡占企業からデータ提供代が貰える日 <br>―「グーグル後の生活」と等価交換
MNEXT 眼のつけどころ
世界情報寡占企業からデータ提供代が貰える日
―「グーグル後の生活」と等価交換

私たちは、日常的にグーグルなどの検索サービスを利用している。便利な一方、事業者は我々の検索や行動の履歴を無料で利用し、企業向けの広告などで巨額の収益をあげている。欧州ではこうした個人データを「資産」とみなし、課税対象とする動きがでてきている。そうなれば、これまでのように個人データを自由に利用することはできなくなる。AGFAのような巨大IT企業も戦略転換を余儀なくされる。同時に、リアルな製造業や小売業も、少し冷静にネット戦略を見直す時期に来た。

MNEXT 眼のつけどころ<br>復讐心は乗り越えられるか―近代とどう向き合うか
MNEXT 眼のつけどころ
復讐心は乗り越えられるか―近代とどう向き合うか

復讐心は乗り越えられるのか。結論から言えば、乗り越えられない。復讐心とは人間の適応進化の産物であり、倫理の問題を越えているからだ。しかし、復讐心の高まりは「復讐=悪」という近代的価値と相反する。では、この復讐の時代に日本社会はどう復讐心と向き合えばよいのか。三つの方向性を提示したい。ひとつ目は、近代社会を完成させること、ふたつ目は宗教や信仰心によって復讐心を克服すること、三つ目は日本の土俗的な自然信仰を復興させることである。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.