日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
アサヒグループホールディングス株式会社(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年12月期決算の総括
アサヒグループホールディングスの2017年12月期連結決算は売上高2兆849億円(前年同期比22.1%増)、営業利益1,832億円(同33.8%増)と増収増益であった。国内の酒類・飲料・食品事業の収益性向上に加えて、中東欧のビール事業も加わった国際事業が好調に推移したことにより、計画を上回る増収増益を果たすことができた。事業別には、酒類事業では、最盛期の天候不順の影響などにより厳しい市場環境となったが、広告販促費などの効率化を図りながら、新ジャンルのシェアを拡大するなど、ブランド力とコスト競争力を同時に高めたことにより収益力を強化した。飲料・食品事業については、引き続き主力ブランドへの集中や統合シナジーの拡大を中心として利益率の向上を図り、「中期経営方針」で掲げる「稼ぐ力」を着実に高めた。また海外では、3月に取得した中東欧のビール事業を含め、欧州事業が好調なスタートを切っており、オセアニア事業と合わせて、国際事業の成長エンジン化が着実に進んでいる。更に、欧州での成長基盤を拡大する一方で、中国の持分法適用会社を譲渡するなど、事業の「選択と集中」を推進したことにより、事業ポートフォリオの再構築に一定の目処をつけることができた。2018年度は「中期経営方針」に基づいて、国内では高付加価値化を軸としたブランド価値の向上などにより収益基盤の更なる盤石化に取り組み、海外では欧州事業を核に国際事業の成長エンジン化を加速する。さらに、企業価値向上経営の深化を目指した経営改革にスピードを上げ て取り組んでいく。

【最新版 2018.7.19 更新】
アサヒグループHD
企業活動分析 更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年
戦略200+・企業活動分析「アサヒグループホールディングス」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>RTD(2019年1月版)<br>ストロングゼロ、ウィルキンソン。<br>高アルコールは定番の氷結、ほろよいを超えるか
消費者調査データ
RTD(2019年1月版)
ストロングゼロ、ウィルキンソン。
高アルコールは定番の氷結、ほろよいを超えるか

アルコール市場が低迷する中、RTDは数少ない成長市場だ。今回の調査では、過去2回と同様に「キリン 氷結」が再購入意向を除く6項目で首位を獲得した。それを追うのはサントリーの「ほろよい」。2社がトップブランドを争う中、健闘を見せているのが再購入意向で首位を獲得したアサヒの「ウィルキンソンRTD」だ。激戦が繰り広げられるRTD市場に注目したい。

第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録<br>ロングセラーブランドの長寿化
第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録
ロングセラーブランドの長寿化

ロングセラーブランドにとって避けられない課題が、顧客の流出だ。強みである潜在顧客基盤の大きさを活用して、これから5年先、10年先も支持されるためにはどのような戦略が必要になってくるのか。顧客の新陳代謝がうまくいっているカルピスやハーゲンダッツの事例を取り上げながら、解説していく。

消費者調査データ<br>ノンアルコール飲料(2019年1月版)<br>オールフリーとドライゼロがリード、トクホや透明タイプにも注目
消費者調査データ
ノンアルコール飲料(2019年1月版)
オールフリーとドライゼロがリード、トクホや透明タイプにも注目

ノンアルコール飲料が好調だ。今回の調査では、「オールフリー」が7項目中6項目で首位を獲得。ノンアル市場はビールテイストが8割強を占めるが、カクテルや梅酒などRTDテイストの成長が目立つ。透明タイプや強炭酸などソフトドリンクのトレンドも取り入れ、今後も各社の動向から目が離せない。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.