日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
花王株式会社(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年12月期決算の総括
花王の2017年12月期連結決算は売上高1兆4,894億円(前年同期比2.2%増)、営業利益2,048億円(同10.4%増)と増収増益となった。進化系「脱デフレ型成長モデル」の構築に向けて、マーケティング投資の効率化など資産の最大活用を進化させ、予定通りの業績を達成した。セグメント別にみていくと、コンシューマープロダクツ事業では、高付加価値商品の発売や提案型販売活動の強化などに取り組んだほか、Eコマースへの対応を強化したが、前期に対しほぼ横ばいの1兆2,160億円の売上となった。ビューティーケア事業では、化粧品ビジネスの大改革を進め、「ソフィーナiP」のアジア展開、「KANEBO」の欧州展開をスタートさせたほか、「ビオレ」の海外展開の本格化、「キュレル」の新商品の導入を進めたが前年同期比2.6%の売上減となった。ヒューマンヘルスケア事業では、「メリーズ」、「ロリエ」の海外での売上の伸長やオーラルケア製品の新商品投入もあり売上は同7.8%増となった。ファブリック&ホームケア事業では、衣料用洗剤の激しい競争環境の中、わずかに売上を落とした。ケミカル事業では、原材料価格の上昇に伴う販売価格の改定などに努めたことにより同13.3%増の売上となった。中期経営計画「K20」の2年目にあたる2018年度も、さらなる成長のための足掛かりを構築し、さらにグローバルで存在感のある企業を目指す。

【最新版 2018.08.30 更新】
花王
企業活動分析
更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年
戦略200+・企業活動分析「花王」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

成長市場を探せ チーズ(2019年版)
成長市場を探せ チーズ(2019年版)

チーズ市場が拡大している。農林水産省によると、消費量は過去10年間で4割増加、直近では3年連続で過去最高を更新している。とりわけ伸びているのがナチュラルチーズだ。骨粗鬆症や認知症の予防などの健康効果の周知も消費を後押ししている。外食ではチーズタッカルビやチーズドッグといた専門店も次々登場、SNS映えするメニューで人気を博している。19年2月からは日欧EPAの発効で輸入チーズの関税が引き下げられる。今後、市場拡大の勢いがさらに増すことが予想される。

消費者調査データ<br>ヨーグルト(2019年3月版)<br>強いロングセラー。新顔ヨーグルトは成長の牽引車になるか
消費者調査データ
ヨーグルト(2019年3月版)
強いロングセラー。新顔ヨーグルトは成長の牽引車になるか

ヨーグルト市場は拡大基調に一服感がみられる。今回の調査では、「ビヒダス」「明治ブルガリア」などロングセラーが上位を占めた。一方再購入意向では、母数は少ないものの「明治 THE GREEK YOGURT」「ロイテリヨーグルト」などの新商品が上位にランクイン。こうした商品が市場の牽引車となれるかに注目したい。

MNEXT 眼のつけどころ<br>戦略思考をどう身につけるか-スポーツ観戦で学ぶ
MNEXT 眼のつけどころ
戦略思考をどう身につけるか-スポーツ観戦で学ぶ

もう少しうまい戦略があれば勝てたのに、と感じることはよくある。ビジネス、スポーツ、政治、外交――これらは戦略思考の問題だ。そこで、効率的な戦略思考の身につけ方として、スポーツ観戦による習得法をおすすめしたい。結論から述べると、戦略とは目的への合理的な手段を明らかにすることであり、戦略思考とはそれを導き出す合理的な思考、つまり推論である。しかし戦略の創造と検証の経験を積むことはなかなか難しい。そこで本稿で提案したいのがスポーツ観戦から学ぶということだ。試合を楽しみながらも冷静に分析することによって、戦略を学び、ビジネスなど他ジャンルに効率的に活かすことができる。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.