日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
日本郵船株式会社(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2018年3月期決算の総括
日本郵船の2018年3月期の連結決算は、売上高2兆1,332億円(前年同期比13.5%増)、営業利益は278億円と、増収増益であった。2017年度は、前年の市況大荒れによる構造改革費用2,000億円の損失計上を受け、中期計画の利益・財務計画を取り下げてコスト削減・体質改善を推進、その成果に加えて海運市況が回復したため、業績は大幅に改善した。2017年の海運を取り巻く状況は、コンテナ船部門では、供給は前年に引き続き高い水準で推移し、スポット運賃の回復はやや足踏み状態となったが、貨物需要に支えられて荷動きは安定的に推移した。ドライバルク部門では、未だ船腹過剰状態の解消には至っていないが、鉄鉱石、石炭、穀物の荷動きがそろって増加し、市況は改善に向かった。非海運事業では、物流事業は仕入れコストの高止まりなどにより低迷したが、航空運送事業は荷動きが全般的に活況を呈した。2018年4月からは、従来掲げていた"モノ運び"の枠にとらわれずに事業を通じて社会に貢献していくべく再定義された基本理念"Bringing value to life."と、10年後のありたい姿として四つのビジョンを掲げ、それらの実現に向けた中期経営計画"StayingAhead2022withDigitalizationandGreeen"がスタートした。不透明な事業環境と多様に変化する社会に的確に対応し、持続的な成長を遂げるための戦略を示すと同時に、Digitalization(デジタル化)とGreen(環境)をキーワードに新たな価値創造への挑戦を積極的に推進していく。

【最新版 2018.12.13 更新】
日本郵船
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年 18年
- - -
戦略200+・企業活動分析「日本郵船」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

マーケティングのための人工知能入門<br>Rを用いたディープラーニング入門
マーケティングのための人工知能入門
Rを用いたディープラーニング入門

本項では、実際に「R」を用いたディープラーニングの手法について触れる。ディープラーニングは理論的に難しい点もあるが、最近は様々なフレームワークが登場し"AIの大衆化"といったことも言われている。今回は比較的容易に利用できるフレームワーク、「Keras」によるディープラーニングを実践的に解説していく。

成長市場を探せ チーズ(2019年版)
成長市場を探せ チーズ(2019年版)

チーズ市場が拡大している。農林水産省によると、消費量は過去10年間で4割増加、直近では3年連続で過去最高を更新している。とりわけ伸びているのがナチュラルチーズだ。骨粗鬆症や認知症の予防などの健康効果の周知も消費を後押ししている。外食ではチーズタッカルビやチーズドッグといた専門店も次々登場、SNS映えするメニューで人気を博している。19年2月からは日欧EPAの発効で輸入チーズの関税が引き下げられる。今後、市場拡大の勢いがさらに増すことが予想される。

消費者調査データ<br>ヨーグルト(2019年3月版)<br>強いロングセラー。新顔ヨーグルトは成長の牽引車になるか
消費者調査データ
ヨーグルト(2019年3月版)
強いロングセラー。新顔ヨーグルトは成長の牽引車になるか

ヨーグルト市場は拡大基調に一服感がみられる。今回の調査では、「ビヒダス」「明治ブルガリア」などロングセラーが上位を占めた。一方再購入意向では、母数は少ないものの「明治 THE GREEK YOGURT」「ロイテリヨーグルト」などの新商品が上位にランクイン。こうした商品が市場の牽引車となれるかに注目したい。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.