日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2019.07)
キリン「タップ・マルシェ」はクラフトビールの支配者となれるか
マネジャー 川島史博





本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの先行公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

飲食店の差別化競争の波に乗り拡大するタップ・マルシェ

 ビールサーバーの導入やメンテナンスコストなどの理由から、飲食店がクラフトビールを提供するハードルは低くない。しかし、新しいメニューを提供して利用客の単価アップにつなげたいという思いは強い。そんなジレンマを抱える飲食店に、キリンの飲食店用クラフトビールプラットフォーム「Tap Marché(タップ・マルシェ)」が支持されている。

 タップ・マルシェは、飲食店向けの小型ビールディスペンサーだ。「Marché(市場)」のように、気軽に多様なビールを楽しむことができる「ビールの自由市」をイメージしている。卓上に置けるサイズで、4種類もしくは2種類のクラフトビールが樽生で提供できる。

 2016年にテスト展開を開始。2017年には一都三県に拡大し、2018年に全国展開を始めた。導入店舗は2018年末時点で7,000店舗を超え、同社は2019年に13,000店を拡大目標に掲げるなど順調に普及している。

 外食産業からのクラフトビール需要は大きい。その背景には、各店舗の売上や利用客の減少がある。日本フードサービス協会によると、外食の中でも「パブレストラン/居酒屋」の売上はここ数年間、対前年割れを続け、利用客数も減少している。これをカバーするために、単価アップを狙ったメニューの差別化・付加価値化競争が続いている。

 こうした外食産業のニーズに対して、手軽にクラフトビールを提供できる「タップ・マルシェ」がうまく響いている。数店舗で導入した居酒屋チェーン「塚田農場」でも、クラフトビールと九州料理の組み合わせが人気となり、単価アップに繋がったという。


次は「ブルワリーと飲食店、双方のハードルを下げるプラットフォーム」
【続きを読む】(有料会員向け先行公開)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。


参照コンテンツ


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事

戦略ケース<br>アパレル業界のD2Cを牽引<br>オンワード樫山「KASHIYAMA the Smart Tailor」
戦略ケース
アパレル業界のD2Cを牽引
オンワード樫山「KASHIYAMA the Smart Tailor」

アパレル業界のEC化が進む中、オーダースーツを最新技術と融合させてヒットしている「KASHIYAMA the Smart Tailor」。敷居が高いイメージがあるが、同ブランドは「3万円~、1週間で届く」が武器だ。加えてEC化への対応、顧客満足度を高める仕組みづくりなどに注力した結果、若いスマホ世代の取り込みに成功。市場の課題である顧客の若返りにも寄与している。

戦略ケース<br>八海山<br>衰退市場で成長続ける本業強化戦略
戦略ケース
八海山
衰退市場で成長続ける本業強化戦略

日本酒市場が縮小する中、5年間で20%の増収を達成した清酒メーカーがある。「八海山」で知られる八海醸造だ。同社の戦略にはふたつの特徴がある。ひとつは、日本酒で培った技術を武器に事業多角化を推進していること。もうひとつが、売場でのブランドづくりや自社店舗でのセミナーなどブランド価値を伝えるリアルな場を提供していることにある。

戦略ケース マスターブランドを陳腐化させない<br>有楽製菓のブランドづくり
戦略ケース マスターブランドを陳腐化させない
有楽製菓のブランドづくり

年間1億3千万個を販売する、チョコレート菓子のロングセラーブランド「ブラックサンダー」。製造・販売する有楽製菓は、ここ10年間で売上が2倍以上に成長した。商品の改廃が激しいチョコレート市場において、どのようにして定番ブランドとしての価値を維持し続けているのか。有楽製菓のブランド戦略に、中堅企業躍進のヒントを探る。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.