日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2018.06)
マーケティングのための人工知能入門およびその周辺技術
(5)実践:今日からはじめる機械学習とディープ・ラーニング
客員研究員 沖縄国際大学 金城敬太






本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料または有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 今回は、機械学習を実際にマーケティングに利用することを考える。ただし、巷に数多く参考書やソフトウエアの解説書があふれているため、ここではいくつか簡単に学べるものを紹介する。

 以前、機械学習といっても、

  • 教師あり学習
  • 教師なし学習

のふたつがあると解説した。

 このなかでも売上や購買行動の予測など応用上、有効なのが教師あり学習だ。教師あり学習を実践・体験するにあたっては、特に難しいことは考える必要はない。とりあえず、どのような単位(店舗ごと、個人ごと、時間ごとなど)で収集するかに注意して

  • 予測したい変数(例えば、売上、ある商品の購買の有無)
  • それを説明する変数(例えば、価格・プロモーションなどのマーケティング変数、性別、年齢)

のふたつを大量に用意し、さらにそれを分析する機械学習やディープ・ラーニングの無料のパッケージを利用すればよい。研究者や専門家は1から実装する必要があるが、応用上利用したい人にとっては、「利用方法」や「解釈」、さらに「注意点」を把握したうえで、仮に問題が発生したときは専門家と連携するといった方法をとるのが合理的である。将来的に詳細な理解や理論、実装を勉強していけばよい。実際に、数学的な話をしない実用書なども存在している。

 実践するにあたって注意することは

  • マシン:CPU(GPU)やOS
  • プログラミング言語
  • フレームワークやパッケージ
  • 手法と結果の評価方法

などである。それぞれ簡単に紹介しながら、最後に統計分析ソフト「R」による機械学習の実装を簡単に紹介する。


【続きを読む】(無料・有料会員向け)

参照コンテンツ


【シリーズ】マーケティングのための人工知能入門およびその周辺技術


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>RTD(2019年1月版)<br>ストロングゼロ、ウィルキンソン。<br>高アルコールは定番の氷結、ほろよいを超えるか
消費者調査データ
RTD(2019年1月版)
ストロングゼロ、ウィルキンソン。
高アルコールは定番の氷結、ほろよいを超えるか

アルコール市場が低迷する中、RTDは数少ない成長市場だ。今回の調査では、過去2回と同様に「キリン 氷結」が再購入意向を除く6項目で首位を獲得した。それを追うのはサントリーの「ほろよい」。2社がトップブランドを争う中、健闘を見せているのが再購入意向で首位を獲得したアサヒの「ウィルキンソンRTD」だ。激戦が繰り広げられるRTD市場に注目したい。

第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録<br>ロングセラーブランドの長寿化
第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録
ロングセラーブランドの長寿化

ロングセラーブランドにとって避けられない課題が、顧客の流出だ。強みである潜在顧客基盤の大きさを活用して、これから5年先、10年先も支持されるためにはどのような戦略が必要になってくるのか。顧客の新陳代謝がうまくいっているカルピスやハーゲンダッツの事例を取り上げながら、解説していく。

消費者調査データ<br>ノンアルコール飲料(2019年1月版)<br>オールフリーとドライゼロがリード、トクホや透明タイプにも注目
消費者調査データ
ノンアルコール飲料(2019年1月版)
オールフリーとドライゼロがリード、トクホや透明タイプにも注目

ノンアルコール飲料が好調だ。今回の調査では、「オールフリー」が7項目中6項目で首位を獲得。ノンアル市場はビールテイストが8割強を占めるが、カクテルや梅酒などRTDテイストの成長が目立つ。透明タイプや強炭酸などソフトドリンクのトレンドも取り入れ、今後も各社の動向から目が離せない。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.