日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2018.09)

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第100号
"脱コーヒー"で存在感増すペットボトルコーヒー





JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食と生活」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食と生活」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食と生活」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。

本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの先行公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第100号は、
  1. オリジナル調査結果 "脱コーヒー"で存在感増すペットボトルコーヒー
  2. 業界クリップ - 2018年8-9月の動向
の2部構成でお届けします。


1.減る缶コーヒー、増えるペットボトルコーヒー(本文抜粋)
レポートイメージ

 「ペットボトルコーヒー」が存在感を増している。サントリー「クラフトボス」のヒットを受けて、飲料各社が続々とペットボトルコーヒーを発売している。今回は、缶コーヒーとの比較から、ペットボトルコーヒーがなぜ人気を集めているのかを調査した。
 飲用頻度をみてみると、ペットボトルコーヒー(以下、ペットボトル)は、週に2日以上で、3位の缶コーヒー(以下、缶)に迫っている。飲用頻度の増減では、「増えた計」がもっとも多いのはペットボトルで、半年内飲用者のうち約2割の人が「増えた」と答えた。

本コンテンツの全文はPDFでのご提供となります。
【全文を読む】(有料会員向け先行公開)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 減る缶コーヒー、増えるペットボトルコーヒー
  2. 「自宅」で飲まれるペットボトルコーヒー
  3. 「内容量の違い」が購入理由の大きな差に
  4. 清涼飲料として受け入れられるペットボトルコーヒー

* 業界クリップ 2018年8-9月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【景気回復に災害の重し】
  2. 売れている食品・メニュー  【猛暑対策として麦茶が好調】
  3. 東京市場          【キッコーマンによる「融合」がテーマのレストラン】
  4. 地産地消          【地域の健康テーマに根差した取組】
  5. 食品企業の経営       【プラごみの海洋汚染問題への対策】
  6. 製品開発          【日清食品による「AIが考えた」商品】
  7. 価格政策          【猛暑や豪雨による食材の高騰】
  8. プロモーション       【吉野家・はなまる・ガストの共通割引券】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【買い物代行業の拡がり】
  10. ヘッドラインクリップ    2018年8-9月の動向



バックナンバー


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>缶詰<br>水産缶詰人気。まぐろ缶詰、さば缶詰が上位独占
消費者調査データ
缶詰
水産缶詰人気。まぐろ缶詰、さば缶詰が上位独占

缶詰市場はダウントレンドにあるが、サバやイワシなどの水産缶詰は伸長している。中でも今年はイワシ缶が急拡大し、注目を集めている。今回のランキングでは、マグロ缶が全項目で首位を獲得、続くサバ缶も全項目で2位となった。サバ缶は健康志向や価格が安定していることなどから人気に火がつき、前年同期比で約5割シェアを伸ばしている。今後もサバやイワシといった青魚の缶詰を中心に、市場の活性化が期待される。

MNEXT 眼のつけどころ<br>世界情報寡占企業からデータ提供代が貰える日 <br>―「グーグル後の生活」と等価交換
MNEXT 眼のつけどころ
世界情報寡占企業からデータ提供代が貰える日
―「グーグル後の生活」と等価交換

私たちは、日常的にグーグルなどの検索サービスを利用している。便利な一方、事業者は我々の検索や行動の履歴を無料で利用し、企業向けの広告などで巨額の収益をあげている。欧州ではこうした個人データを「資産」とみなし、課税対象とする動きがでてきている。そうなれば、これまでのように個人データを自由に利用することはできなくなる。AGFAのような巨大IT企業も戦略転換を余儀なくされる。同時に、リアルな製造業や小売業も、少し冷静にネット戦略を見直す時期に来た。

MNEXT 眼のつけどころ<br>復讐心は乗り越えられるか―近代とどう向き合うか
MNEXT 眼のつけどころ
復讐心は乗り越えられるか―近代とどう向き合うか

復讐心は乗り越えられるのか。結論から言えば、乗り越えられない。復讐心とは人間の適応進化の産物であり、倫理の問題を越えているからだ。しかし、復讐心の高まりは「復讐=悪」という近代的価値と相反する。では、この復讐の時代に日本社会はどう復讐心と向き合えばよいのか。三つの方向性を提示したい。ひとつ目は、近代社会を完成させること、ふたつ目は宗教や信仰心によって復讐心を克服すること、三つ目は日本の土俗的な自然信仰を復興させることである。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.