日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.12)
ネクスト戦略ワークショップ「消費社会白書2014」発行記念先行発表会
「消費社会白書2014 離陸する消費」よりNext Market 第3回
ディレクター 大場美子



本コンテンツは、2013年11月14日に行われた当社イベント、ネクスト戦略ワークショップ「2014年の消費とマーケティングを読む-消費社会白書2014発刊記念先行発表会」のプログラム「Next Market」の講演録と、同日使用したプレゼンテーションをもとに構成したものです。講演内容は、「消費社会白書2014」に基づいています。今の消費とマーケットを捉えるための詳しい内容と分析結果については「消費社会白書2014」を是非ご覧下さい。

構成
 入れ替わる空気
 なぜ、空気が転換したのか
 消費は持続的に回復している
 消費回復の要因
 価格志向から新しい贅沢へ
 消費を牽引するミドル層
 新しい贅沢
 リアルとネットのユーザーネットワーク
 情報をひろげるネットワークタイプ
 企業のネットメディアとの接触量
 変化を続ける買い物行動
 百貨店好調の理由
 衝動買い
本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
無料のご登録はこちらをご覧ください。

消費回復の要因
 では、消費回復の要因となるものをあげて、調査データから関連性を確認して整理してみましょう。メインルートとしては、安倍政権に対する信頼感の高さと、政策期待の高まりによって、景気見通しが好転しています。その結果、消費マインドが改善して、消費回復が続いていることがわかります(図表5)。

図表5.消費回復の背景要因


 一方、消費主導の回復のリスクとしては、回復要因の裏返しで、何らかの出来事で政権への信頼が揺らぎ、消費マインドが悪化し、消費税増税によるネガティブなインパクトが大きく出てしまうことです。
 今後の見通しを考えるに際し、気になるのは消費増税のインパクトです。1989年4月の消費税導入時の消費支出の推移をベースにして楽観シナリオを推計し、1997年4月の3%から5%へのアップ時の推移をベースに悲観シナリオを推計しました。悲観シナリオでは、2014年後半から消費が失速していきます。見通しとしては、政権に対する期待が崩れなければ、反動減とその後の需要は大きなマイナスを回避できるのではないかと考えております。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.